性病治療

性病治療

当院ではクラミジア、淋菌、梅毒、性器ヘルペス、コンジロームなどの治療を行なっております。

  • クラミジア

    女性のクラミジアの症状は、「オリモノが少し増える」「性交後に軽い出血が有る」など症状が分かりづらく、感染自覚する事はあまりありません。 しかし、症状が進み腹腔内にまで感染広がると激しい症状を訴える場合もございます

  • 淋菌

    淋病に感染すると、数時間から数日で発症しますが、自覚症状がない場合も多くあります。
    症状としましては、「オリモノの増加」「悪臭がする」などがありますが、約80%の女性には自覚症状がないと、いわれています。
    感染を放置しておくと体内に感染が拡大し、子宮外妊娠や不妊の原因にもなります。

  • 梅毒

    梅毒のおもな症状は、「陰部に汚い分泌物をかぶった固いしこりが発生する」「鼠径リンパ節が腫れる」など目に見える症状が出ます。
    痛みはなく、放置しておくと消えてしまいますが、症状が消えても治ったわけでは無く、見えないところに進行していきますので注意が必要です。

  • 性器ヘルペス

    性器ヘルペスの症状は、まず水泡のようなものができ、出来た水泡が破れ、それが強い痛みとなって現れます。
    初めて感染した方は、痛みで排尿が出来ないと言われています。

  • コンジローム

    コンジロームの症状は、大小陰唇・膣前庭・膣・周辺に腫瘍ができ、肛門の周囲や尿道口にもイボが出来る事があります。
    イボには痛みが無く、軽度の痒みが出る場合もございます。

FAQ

  • もしかして性病かもしれない。どうすればよろしいでしょうか?

    性病の心配がある場合は、早めに検索を受けるようにしてください。 早期発見により、症状が重くなる前に治す事が出来ます。

  • 性病を予防するにはどうすればいいですか?

    性病予防に最適なのは、「コンドームを正しく使用する」事になります。
    コンドームは全ての性感染症を防ぐことはできませんが、感染の危険性を減らす効果がございます。

〒160-0023東京都新宿区西新宿 7-16-14 ミクラ西新宿ビル 2F

03-5348-7074 診療時間:10:00-12:00 / 13:00-18:00

診療時間 日・祝
10:00 - 12:00 - -
13:00 - 18:00 - -

※受付けは診療終了の30分前までとなります。

※△:土曜日午後の診療時間は13:00~17:00までとなります。

※休診日:木曜 / 日曜日 / 祝日

人工妊娠中絶手術ご予約 お問い合わせ